DSC_4703.JPG

Wiki

DSC_4448.JPG
シフォンケーキについて

 

★シフォンケーキが他の洋菓子よりも優れている点

1.手軽に食べられる

・フォークなどの食器を使わずに、片手で手軽に食べられる

・カロリー控えめ

・財布にやさしい

・朝ごはんやおやつにもなる

・常温でも保存できる

・冷凍保存が可能で、自然解凍で食べられる

・賞味期限が長い

・手土産にも喜ばれる

・食べやすいので、子供からお年寄りまで楽しめる

 

2.手軽に作れる

・材料が手軽に揃う(卵、小麦粉、砂糖、植物油のみ)

・材料費が安い

・短時間で作れる(パンのように発酵やコネる作業が不要)

 

3.自分好みにアレンジできる

・好きな食材を混ぜ合わせることができるので、いろんなフレーバーを楽しめる

・フルーツで飾ったり、クリームでデコレーションができる

★シフォンケーキの歴史

シフォンケーキは、ハリー・ベーカー(Harry Baker)さんが1927年に発明しました。

しかしながらベーカーさんはレシピを公表しなかったため、その製法は長く謎とされていましたが、発明から20年後の1947年、高齢などを理由にレシピがゼネラルミルズ社に売却されました。

この時、長い間の謎とされてきたふわふわの秘密。

それは生地にバターを使わずに植物油を使う、という事が明らかにされました。

植物油を使うことで、口当たりがふっくらとした軽い食感になります。

ゼネラルミルズ社は1950年にレシピを出版し、アメリカでは爆発的なブームとなりましたが、そのピークは10年ほど続きましたが、やがて収束してシフォンケーキはすっかり忘れられた存在になってしまいました。

今のアメリカではシフォンケーキは洋菓子店やレストランなど、どこを探しても売られていないそうです。

一方、日本にシフォンケーキを広めたのは岩田有司さんと言われています。

1976年にオリジナルのレシピを完成させ出店、以降日本中に普及するようになったそうです。

シフォンケーキは軽い食感を好む日本人の味覚に合いました。

作りやすく材料も揃えやすいことから、レシピもいろんな人によって改良され、その数ほど食感も味も違うシフォンケーキができています。

(参考文献:Wikipedia 他)

他の洋菓子に比べると、まだまだ歴史が浅いシフォンケーキ。

いろんな食材と混ぜられることから、たくさんのフレーバーができ、新しい食感のシフォンケーキも生まれてくることと思います。

『ラ・マラン』でもシフォンケーキの歴史に刻まれるように、日々新メニューや開発を続けて参りたいと思います。